リビングの一角に子供の勉強スペースがあると良い

最近は子供部屋を与えるのではなくて、リビングで勉強する子供が増えています。リビングで勉強することのメリットは、常に親の目が行き届いているために、子どもが悪さをしないと言うだけでなく、子供の方からしても、宿題や勉強してるときに、わからないことがあったらすぐに親に聞くことができると言うメリットもあります。

このような何気ないやり取りの中でコミニケーションが積み重なり、良い親子関係を築くことができるのが、リビングの一角に子供の勉強スペースを作ることのメリットです。

ダイニングテーブルを勉強スペースにして勉強や宿題などをする子供も時々いますが、そうすると食事のたびに勉強道具を片付けなければならないのでかなりの面倒です。

そこでオススメなのがリビングやダイニングの空いているスペースの一角に、勉強スペースを作ってしまうことです。そうすると勉強道具を広げたままでも食事や団欒をすることができるので親子ともにうるさく言われずに良い関係が築きやすいです。

例えば、リビングやダイニングの中に少し小さめのカウンターテーブルのようなものを設けることです。

そこに家族共有のパソコンでも置いておけば、家族が一緒に過ごす時間も増えて会話も弾むことでしょう。

さらにキッチンの横にそうした小さなスペースを設けることもできます。その場合には家事をしながら常に子供の宿題を見ることができるのでスムーズに勉強が進むことでしょう。

料理中にパソコンでレシピを調べたり、書類を置いておくワークスペースとしても活用することができます。

LDKの一角に間仕切りできる畳スペースを設けていつもは子供の勉強スペースにして、来客時には宿泊のできる客間として使うようなプランも無駄がなくてお勧めです。

このように少しの工夫で小さなスペースでも有効活用することができるので、様々なハウスメーカーのモデルハウス等を見学して参考になるものを知識として蓄えておきましょう