ハウスメーカーと耐震性

耐震性と言うのは、地震の揺れに耐える建物の強さを意味します。地震のときには建物の重さなど垂直方向の力に耐える通常の構造強度に加えて、水平方向の往復運動にも耐える強さが求められます。

建築基準法では、一定の基準が設けられており、その基準では中規模の地震(震度5弱程度)では建物の損傷がなく、大地震(震度6強程度)では、建物は少しは損傷したとしても崩れることがなく、人命を守ることができることを想定したものになっています。

これを新耐震設計基準と呼んでいます。

気象庁が定める現在の振動は小さい方から0から7となっていて5と6に強というのが設けられているので合計で10段階の設定になっています。

5強は大半の人が恐怖を覚え、固定していない家具は移動してしまうほどの揺れで、6強は人が動くことができず地割れや地滑りも起こすような強い揺れを意味します。

日本ではこれから新築する建物は、すべてこの新耐震設計基準を守らなければなりませんので、基本的に新しく建てる建物は震度6強でも耐えることができる基準になっています。

つまり、ハウスメーカーが「耐震住宅」というのをアピールする場合には、この建築基準法以上の強さを実現していることを意味します。

耐震性能を強化させるためには、工法ごとに異なる工夫が必要となります。

例えば、在来工法(木造軸組み工法)では構造用合板などを使って、耐力壁を強くします。ツーバイフォーの場合には、壁と床のパネルを強固につないで6面体構造を造ります。

また、軽量鉄骨では、ブレースで補強したり、鉄骨と鉄の筋交をセットにしたようなパネルを用いたりして強固にします。

各ハウスメーカーごとに工法は異なっていますし、耐震性を上げるために使われている技術も異なっていますので、事前に希望のハウスメーカーに目星をつけて、そのハウスメーカーの資料を請求したり、住宅展示場に行って、実際にそのハウスメーカーの建物などを徹底的に調べるくらいの事前準備をするようにしましょう。

二世帯住宅の情報が多いですが、各ハウスメーカーの特徴はここにたくさん載っていますので、一度目を通しておくことをお勧めします。

とにかく大事なのは、徹底的な事前調査です。何となくのイメージやブランドなどでハウスメーカー を決めないようにしましょう。

リフォームする前に目的をはっきりさせよう

完全に建て替えるのか、リフォームで済ませるのかの判断は建物の見た目だけでは判断する事ができないので難しいです。

住宅設備や機器の新調や生活の質を上げる事が目的なのであれば、リフォームや改修工事だけで済ませる事ができますが、建物の基本となる骨組みに問題があれば、根本的に見直す必要があるためリフォームや改修工事だけでは済ませられない事になります

リフォームをする前には、必ず建物の基本となる構造のチェックをしておきましょう。

主なチェックポイントとしては、だいたい以下の5つになります。

  • 1.基礎の補強が必要か
  • 2.基礎と土台の緊結
  • 3.柱引き抜きの防止
  • 4.架構の新設が必要か
  • 5.耐力壁の補強が必要か

最低でもこの5項目について確認してからリフォームをすると失敗を防ぐ事ができるでしょう。

次に、設計者と十分にコミュニケーションを積み重ねる事が大切です。

リフォームと一口に言っても、その目的は人によって異なります。

家族構成によっても異なってくるでしょう。

それぞれの目的に合わせて、リフォームを成功に導くためには、優先順位を決める事が必要です。

設備の老朽化対策をするのか、健康や安全に配慮するのか、バリアフリーかするのかなど。

設計者と綿密なコミュニケーションを重ねていく事で、リフォームは成功します。

リフォームしてからの家は、長く住む事になるので、決して焦らず急がず、失敗しないようなリフォームになるようにしましょう。

少し前までは、作っては壊すというスクラップ&ビルドが繰り返されていて、その結果住宅の平均寿命が約30年くらいと非常に短くなっていました。

しかし、最近は、環境問題もあって、見直されており、長く同じ家に住む人も増えてきています

リフォームして、一つの家に長く住むというのは時代の流れでもあるので、ぜひ積極的にリフォームや改修工事という選択肢を検討しましょう。

大手のハウスメーカーの中には、新築にしか力を入れておらず、最悪の場合担当の営業マンによっては、アフターフォローが全然なって無いということもあります。

アフターフォロー、改修工事、リフォームなどにも誠実に対応してくれるのか、最初の段階でハウスメーカーをきんと正しく選ぶ事が大切です。

参考→

リフォームや改修工事であれば、地場工務店の方が対応が良い場合もあるので、工務店を選ぶのも良いでしょう。

リビングの一角に子供の勉強スペースがあると良い

最近は子供部屋を与えるのではなくて、リビングで勉強する子供が増えています。リビングで勉強することのメリットは、常に親の目が行き届いているために、子どもが悪さをしないと言うだけでなく、子供の方からしても、宿題や勉強してるときに、わからないことがあったらすぐに親に聞くことができると言うメリットもあります。

このような何気ないやり取りの中でコミニケーションが積み重なり、良い親子関係を築くことができるのが、リビングの一角に子供の勉強スペースを作ることのメリットです。

ダイニングテーブルを勉強スペースにして勉強や宿題などをする子供も時々いますが、そうすると食事のたびに勉強道具を片付けなければならないのでかなりの面倒です。

そこでオススメなのがリビングやダイニングの空いているスペースの一角に、勉強スペースを作ってしまうことです。そうすると勉強道具を広げたままでも食事や団欒をすることができるので親子ともにうるさく言われずに良い関係が築きやすいです。

例えば、リビングやダイニングの中に少し小さめのカウンターテーブルのようなものを設けることです。

そこに家族共有のパソコンでも置いておけば、家族が一緒に過ごす時間も増えて会話も弾むことでしょう。

さらにキッチンの横にそうした小さなスペースを設けることもできます。その場合には家事をしながら常に子供の宿題を見ることができるのでスムーズに勉強が進むことでしょう。

料理中にパソコンでレシピを調べたり、書類を置いておくワークスペースとしても活用することができます。

LDKの一角に間仕切りできる畳スペースを設けていつもは子供の勉強スペースにして、来客時には宿泊のできる客間として使うようなプランも無駄がなくてお勧めです。

このように少しの工夫で小さなスペースでも有効活用することができるので、様々なハウスメーカーのモデルハウス等を見学して参考になるものを知識として蓄えておきましょう

ダイニングスペースの作り方

一つのテーブルを囲んで家族で団欒する食事の空間は、家族が自然と集まってくる場所にしたいものですよね。食事が終わった後もそこに自然にいたくなるような、安心できる、魅力的なスペース作りをしましょう。

リビングとダイニングとキッチンを1つのフロアにまとめて、ワンルームのような形にする間取りは、家族全員の様子がよくわかって、一体感が感じられるため、特に小さい子供がいる家などで人気があります。

それぞれを仕切った場合にかかる壁やドアのコストを節約することができるし、廊下もないので、その分余計なものがなくなるので、限られた空間を有効に使えるという利点もあります。

デメリットとしては、広さを有効に使える半面として、全体を一目で見通せるので、くつろぎにくいと言うこともあります。

テレビや生活音などの音も部屋全体に広がるため、人によっては落ち着きにくいと感じることもある間取りです。

それを解決する1つのアイデアとしては、リビングとダイニングキッチンを直結させずに、緩やかにつなげるという方法です。

例えばスキップフロアでリビングとダイニングに段差を設けて緩やかにかけるという方法があります。スキップフロアと言うのは、段差を設けることで、空間をつないでいく方法です。

例えばリビングから6段ぐらい上がったところにダイニングを設けて、あえて壁で仕切らずに、緩やかにつなげていくという方法をとると、一体感を感じつつ、リビングとダイニングをほどよく独立させることができます。

またリビングとダイニングの間に、家族全員が使えるような小さなパソコンスペース、勉強スペースなどを置いて、ワンクッションおくことでリビングとダイニングを緩やかに独立させる方法も良いでしょう。

家族との程良い距離感を保ちつつ、リビングからの雑音、キッチンからの雑音をお互いに遮断しつつゆっくりとすることができるのでお勧めの方法です。

この方法は来客がリビングにたくさん来るような家にもお勧めです。